無料でオレのiPhoneでのYouTubeに投稿するスマホゲーム荒野行動の実況録画・編集まで

こんにちはロケットマンです。

 

今回は荒野行動をユーチューブに投稿するまでの、録画方法や編集方法を書いていきます。

 

わたしは、ちなみにチャンネル登録者数16のポンコツユーチューバーである。( ;∀;)

 

 

完成すると、こんな感じである。

動画内容は置いといて、画質や音声がこんな感じになる。

 

 

この動画は声が後付けだが、リアルタイムでの実況録画もできます。

 

 

 

録画方法

録画方法は今のところ無料だと、僕の中で2通りの方法で先ほどの動画がとることができます。

なお、実況の声の録音は、画面収録とは別でとります。(次の章で解説)

 

①iPhoneの画面収録を使う

f:id:rocketman5th:20180214112308p:image

私はこの方法で現在行っています。

これはiPhoneに最初からついている機能です。

※最近これより、良い方法を荒野行動のみ見つけたので、荒野行動の動画投稿をしようと考えている方は②へ!

 

やり方はこちらのサイトが分かりやすいです。

この機能ではマイクで話す音声も録音することができるのですが、おすすめしません。

f:id:rocketman5th:20180214114207p:plain

実況動画は話し声がゲームオンより大きかったりするので、その音量調整の設定ができません。

 

さらに、2017年9月20日のiosのアップデートにより追加された機能であるため、バグがたくさんります。

 

個人的にやっていて、確認できるバグは

 

1、録画できないときがある

→録画する前に10秒ぐらいの録画をして、できることを確認してからやると、だいたいできる。長い録画を連続でやったりするとできないことがある。

 

2、声が録音できないときがある

→声は別の何かで録音する

 

3、ゲーム音が途中ででなくなる

→改善不能(しょうがない)

 

4、相手のゲーム内ボイチャの音が録音できない

→改善不能

 

1、2は何とかなりますが、3、4がなんともなりません。他のゲームアプリなどではできるかもしれません。(ゲームアプリによって、音声が入らなかったりと色々あります)

 

他のゲームとかならこの方法がベストだと思います。

 

iPhone8と比較的に新しい機種ですが、こんなことが頻繁にあります。

ただ、今のところ最善のように感じますし(無料では)、簡単です。パソコンを使わないので。さらに画質もかなり良いのではないかと思います。

 

バグも上記のようにやれば、なんとかなります。ただ、途中からゲーム音が出るのだけは、なんともできませんでした。

 

次の方法は、その音声をきちんととれる方法です。(荒野行動のみ)

ただ、同じようなバグもあります。(がんばればなんとかなる)

 

②荒野行動の画面収録を使う

荒野行動についている画面収録機能を使うだけです。

f:id:rocketman5th:20180214114927p:plain

ボタンを押すと、録画が始まります。

 

もう一度押すと録画を終了します。

ここで「SAVE」を選択して、写真のアプリのビデオに保存されます。

f:id:rocketman5th:20180214112356p:image

 

ただ。この方法でもバグはあります。

 

・録画できないときがある

→録画する前に10秒ぐらいの録画をして、できることを確認してからやると、だいたいできる。長い録画を連続でやったりするとできないことがある。

 

 

先ほどのバグ

3、ゲーム音が途中ででなくない

4、相手のゲーム内ボイチャの音が録音できない 

 

これらは今のところ起こっていません。

 

ですので、荒野行動を録画する場合はこちらのほうが良いと思います。(自分の声の録音はついていません)

 

音声の録音方法

声はiPadで録音していますが、パソコンなどでも良いと思います。

適当に備え付けてある、アプリで録音します。

 

タイトルには無料と書いてあるのですが、少しだけ機器を紹介します。

さきほどの動画の声は、こちらのヘッドセットで録音してます。

 

これのマイクをiPad、イヤフォンをゲームをするiPhoneにつなぎます。

 

f:id:rocketman5th:20180214112735j:plain
f:id:rocketman5th:20180214112737j:plain

こうすることにより、音を聞きながら実況することができ、さらにマイクにゲーム音も入りません。

 

パソコンにさす場合は、USBから音声を入れる機器を買ったほうが良いです。なんか直接、マイクをパソコンにぶっさすと、「ザー」となることが多いようです。

 

 

編集方法

前はAVIUTLという無料ですごいソフトを使っていたのですが、パソコンのスペックがウンチすぎて重いので、iPhoneで編集しています。

 

簡単な編集だったら、iPhoneのほうが良いと思います。

 

使うソフトは「iMovie」というiPhone備え付けのアプリです。

f:id:rocketman5th:20180214115843p:plain

 f:id:rocketman5th:20180214113338p:image

とりあえず、iPhoneの「設定」→「iMovie」→「60fpsでの書き出しを有効にする」にチェックそして置けば、高画質になります。

f:id:rocketman5th:20180214113128j:image

 

ここに、先ほどの録画と録音をぶち込みます。

iPadで録音した人は、AirDropでiPhoneに送信してiMovieで開いて、そこに録音を入れます。

 

パソコンなどの人は、Google DriveなどでiPhoneに入れることができます。ここは色々な方法があります。

 

 

iMovieでできないこととしては

・音声を2重かぶせられない

→動画音+1つしか音声を重ねられません。(効果音は別)ですので、実況の声を入れたら、bgmを入れることができません。(実況の声とbgmを先に重ねるという方法もあるがめんどい)

 

・会話の吹き出しができない

→話すときにテキストの表示をする動画をよく見ますが、あれはできません。

※簡単なテキストなら挿入できます。

 

 

で、作り終わったら投稿して終わりです。

iPhoneからも15分以内の動画なら投稿できます。

サムネイルなどの設定はパソコンからしかできません。

ですので、非公開でiPhoneから投稿して、後でパソコンで設定して公開するのが良いと思います。

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。