ワードプレスで初心者が、1から作るのに使った記事・料金・考えたこと

ワードプレスでサイト作った。あくまでも作っただけで中身はすっからかんです。

STORK買っちゃった(・∇・)ン? 

 

ですので、カスタマイズ系はここには書いてありません。

 

テーマの導入までです。

 

 

 

この記事では、作るまでの過程と、悩んだときに見た記事を書いていきます。料金なども。

 

 ブログというよりは、本格的な特化サイトを作ってみる予定です。

 

作るまでの基本は(家で例えると)

 

  1. サーバー選び(土地)
  2. ドメイン選び(住所)
  3. ワードプレスのインストール(家を建てる)
  4. テーマ選び(家のデザイン)
  5. テーマのインストール(デザインを反映)

 

みたいな感じです。

サーバー選び

まずは、サーバー選びです。

ぼくはエックスサーバーにしました。

 

 

 

【エックスサーバー選んだ理由】

  • だいたいどの記事を見ても、おすすめはエックスサーバー
  • A8のセルフバックで2858円がもらえる
  • 複数のサイトを作れる

 

※セルフバック:自分で、自分のアフィリエイト商品を買うこと。この場合だと、エックスサーバーに登録するというプログラムがA8にあるということです。

 

見た感じワードプレスでは、エックスサーバー がデフォルトって感じでした。

その中の一番安いプランです。

 

50サイトまで作ることができます

 

 

 

【サーバー選びで見た記事】

 

【完全保存版】WordPress向けレンタルサーバー徹底比較2017

めっちゃ多くのサイトが比較されたいます。ただ、初心者が見てもあまり違いはわかりません。ページ下部のまとめ部分が分かりやすいです。

 

プロおすすめ!レンタルサーバー比較~WordPressを使うならココ

この記事を見てみると、機能性の「エックスサーバー 」か、リーズナブルな「WPXクライド」かで、迷うと思います。

 

複数サイトを作るなら、「エックスサーバー

1つのサイトを作るなら「WPXクライド

ってなると思います。

 

僕の場合は複数作る(はず)なので「エックスサーバー」にしました。

 

 

 

【サーバーの料金】

 

サーバーの料金は

初期費用+月々のレンタル料=合計料金

です。

 

12か月契約にしましたので、18,360円でした。

f:id:rocketman5th:20171226223550p:plain

 

WPXクラウドですと、同じ期間で6480円です。約3分の1です。

それでも複数サイト作るときに、面倒くさそうなので「エックスサーバー」にしました。有名ですし。

 

 

ドメイン選び

とりあえず作ったサイトは、サーバーを作った際に1つだけもらえるドメインです。

 

ただ、それでは色々とダメっぽいです。というか、あれは独自ドメインではないんですよね。

 

しかし、いまのところは初期ドメインでやっています。サイトが良い感じになってきたら独自ドメインに変えようと思っています。

 

 

はてなブログで独自ドメインをお名前.comでとっています。ですので一括で管理しやすい用、同じところにする予定です。

 

 

お名前.comは多くの記事のでおすすめで紹介されています。

 

 

 

【ドメイン選びで見た記事】

 

ドメイン名の決め方でおすすめは?個人ブログSEO対策の注意点は?

「.com」だとか「.jp」だとかって、どんな意味があるのかが書いてあります。

 

 

あと最近「.xyz」とかあって、あれってどうなのかなって、ちょっと調べていました。

1番は信用という問題でした。普段インターネットを使わない人は、何も思わないですけどね。

 

作るとしたら「.com」で作ります。

 

 

サーバーの初期ドメインブログは絶対にダメ?独自ドメインとの違いとは?

初期ドメインについての記事です。初期ドメインあるけど、どうなの?ってときにみました。結論はやめたほうが良いにいたりました。

 

 

 

【ドメイン料金】

今のところ初期ドメインなので無料ですが、いずれ「お名前.com 」の独自ドメインに変えます。

 

その料金です。(お名前.com

ドメインの料金は年単位です。

「.com」ですと、1年で1160円のみです。

f:id:rocketman5th:20171226230759p:plain

 

ドメインは2年目から料金が変わることが多いです。

上の表でいうと、更新料金っていうのが2年目からの料金です。

「.com」の場合1280円に値上がります。

 

 

実際ドメインは月単位で考えれば、この場合は100円くらいですので、安いです。

実験でサイトを作る場合などは1円のもので、1年で契約を切っちゃえば良いと思います。

 

 

ドメイン・サーバー・ワードプレスのドッキング

大変そうだなぁと思ったのですが、結構簡単でした。

 

初心者でも迷わない!エックスサーバーでWordPressブログを開始するまでの完全ガイド ’2017 – 無料WordPressテーマSTINGER

これを見て、一瞬で終わりました。

※エックスサーバー用

 

 

テーマ選び

ここが1番時間がかかりました。有料のものはかなり種類が多く、デザインもかっこよすぎで、すごく迷いました。

 

 

有料と無料

テーマには有料と無料があります。

これは前から決めていたのですが、有料にしました。

 

 

 昔、無料で挑戦しようとしたんですよね。

 

その時はプロゲートでちょっとHTML・CSSを学んで、はてなブログでデザインを結構カスタマイズしていました。

 

しかし歯が立ちませんでした。基礎的な知識があるだけでは、無料はかなりきびしかったです。

 

ですので、無料はやめようと。

 

 

有料のものは、かなりデザインがきれいです。ワードプレスのメリットって、このきれいすぎる有料テーマにあるのではないかと、新参者の僕は思います。

 

有料テーマはHTML、CSSの知識がなくてもかなりきれいにできます。

 

 

テーマはSTORK

実際にぼくが選んだテーマ「STORK」です。

WordPressテーマ「ストーク」

 

 

サイトを作るということで、ブログ用のテーマはどうかと思ったのですが、尊敬しているヒトデさんという方の「今日は社畜祭りだぞ!!」がSTORKなので、これにしました。

今日は社畜祭りだぞ!

 

ヒトデさんは有名ブロガーの方でブログを運営されているのですが、特化サイトも作っていて、それがこのサイトです。

 

とりあえず、これをかなり参考にし(ぱくり)ながら作っていこうと思います。

 

 

 テーマにもブログ用、企業ホームページ用などがある

 テーマは「ブログ用」と、「ホームページ用」みたいな感じにもわけられます。個人が使っているのはブログ用がほとんどです。

 

ホームページ用テーマはこんな感じです。

「AMORE (tcd028)」デモサイト

 

 

SANGOなども迷ったのですが、今はたくさんいるのでやめました。

SANGO | 心地良さを追求したWordPressテーマ

 

 あと、ごちゃごちゃしている感を出したいという理由もあります。

 

 

今のブログはシンプルでシュッとしていてシンプルなものが多いです。SANGOとか特に。

 

それに逆らってゴチャゴチャしたものを作りたいと。

コンテンツたくさんで、ドン・キホーテみたいなやつを。

 

STORKもシンプルなのですが、カスタマイズすればなんとか・・・

 

その点SANGOはカスタマイズしても、シュッとしている感がとれなさそうです。

 

 

有料テーマには複数サイト可と不可のものがある

STORKは複数サイト不可です。つまり1つしか作れません。

比べてSANGOなどは複数サイトで使うことができます。

 

これはめっちゃ迷いました。複数作ってみる予定なので、1しか作れないSTORKはどうなのかと・・・

 

 

こちらの記事にまとめてあります。

WordPress有料テーマ。複数サイトに対応しているか調べてみた

OPEN CAGEというものがSTORKです。

SANGOは書いてありませんが、複数サイト可です

 

SANGOは新しいテーマなため、こういった比較サイトに書かれたいないことが多かったです。

 

 

結果的には、

 

  • ヒトデさんが使っている!(勉強のため)
  • 1つ作ってダメなら、そのサイトを上から作りなおす
  • 失敗したら、もう一個買えばいいや

「ストーク」 にしました。

 

大きいのは、ヒトデさんが使っているという点です。

参考にしてやってみたほうが、ブログを1年くらいやっていて、新参者は良いものが作れる&勉強になるのではないかと思います。

 

 

 

【テーマ選びで見た記事】

発表!おすすめ日本語有料WPテーマ・テンプレート2017-WordPressラボ

自作なんてしてる場合じゃない!日本語の有料WordPressテーマ15選

有料テーマがこんなにいっぱいあるんだーと思いました。しかも、超絶きれい&かっこよすぎるものばかりで、びびりました。

 

WordPressテーマ比較 – 安心の日本製テンプレート! | ネタワン

有料テーマの料金はこちらが見やすいです。

 

 

テーマインストール方法

WordPressテーマをインストールする方法 | OPENCAGE

これを見ればできます。(STORK)

 

 

作成にかかった料金

1年分の料金です。

 

サーバー:18,360円

ドメイン:0円(独自ドメインにすると1,160円)

テーマ :10,800円

 

合計29,160円 (30,320円)

 

です。

 

 

【初心者必見】ログイン方法に絶対に困る

「ダッシュボードへのログインページってどこにあるの??」ってはじめて人は絶対になります。

WordPressのログイン方法とログインできない場合の解決法

自分のサイトのURLの後ろに「/wp-login.php」を付けて検索するだけです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク